カテゴリー
アルバム

「有馬礼子作編曲による子守歌集」発売のお知らせ

有馬礼子の子守歌集について
作曲家 東京音大名誉教授 有馬礼子


 子守歌と言うのは、世界中どこにもあり、老若男女、洋の東西を問わず、どんな小さな地域にも存在する、そして時代を超えて、どんな人の心にも通ずる、暖かい歌です。
 又私にとっても、ちょっと大げさに言わせていただければ、母親であり、作曲家であることによって、当然のことながら、人生のテーゼみたいなものになっています。
 何度か“子守歌集”と言う、レコード、CD等に携わった経験もあり、その都度私もいろいろなタイプの子守歌をつくりました。
 有名な作曲家も、たくさん作っています。
 素朴でどうということのない、モーツアルトの子守歌やシューベルトの子守歌から、ショパンのベルキューズやストラヴィンスキーのベルキューズ等、掘り下げれば、芸術作品でいくらでも出てきます。
 又子守歌を歌と書く場合と唄と書く場合がありますが、ここでは一応手を加えた形の歌に統一いたしますので、民謡、俚謡(民間で歌い伝えた歌)から来たものに子守歌は抵抗のある方もおられるとは思いますが、どうか編曲して手を加えている以上、すべて歌に統一しますので、ご容赦ください。
 私はヴィオラとコントラバスの合わさった柔らかで、ふくよかな音色は、とても子守歌にぴったり適していると思っています。ことに、ヴィオラの厚い低音の音色と高音の倍音豊かな、幅広い音色には魅せられます。コントラバスも、高音はとても柔らかな、ヴィオラを支える立ち位置として、チェロよりも効果的と思っています。

CD購入をご希望の方はこちら

ダウンロード版ご希望の方はこちら

カテゴリー
コンサート

クリスマスコンサートのお知らせ

チャイコフスキーと言えば交響曲やピアノ、ヴァイオリンなどの協奏曲が有名ですが、最も他の追従を寄せ付けないほど圧倒的に優れた作品を残している分野はバレエ音楽と言えるでしょう。なかでも三大バレエと言われる「白鳥の湖」「くるみ割り人形」「眠りの森の美女」は、それぞれ違った魅力を持った名作です。
 今回取り上げる「くるみ割り人形」は、その中でも子どもから大人まで楽しめるストーリーと、バラエティーに富んだ踊りで人気を博し、世界中で最も上演されているバレエと言っても良いでしょう。
 バレエの音楽というと、踊りを引き立たせ、ストーリー展開をサポートするような役割が第一で、音楽だけを取り出しても魅力的な作品は、どんな名作バレエといえどほとんどありません。唯一チャイコフスキーだけが、音楽だけでも聴いて楽しめる作品をバレエに書いているといっても過言ではありません。演奏会用組曲があるのも音楽だけで聴かせられる証拠です。
 交響曲で評価されるようなレベルの作曲家が、バレエ音楽を手がけているのですから、聞き手はもちろんバレリーナにとっても、なんと贅沢な事ではないでしょうか。
 今回の演奏会では、演奏会用組曲に取り上げられている名曲を中心に、場面の描写やストーリーの進行に重要と思われる曲を加えて、音楽物語としてプログラムを組んでみました。
 まさに演奏会の当日、クリスマスイヴにふさわしいストーリーと、叙情的でドラマチックなチャイコフスキーの音楽の世界を、デュオ・オブリガートの穏やかで落ち着いたアンサンブルでお聴き下さい。
 一年の疲れがしっとりと癒される一夜にしたいと思っています。みなさんのご来場をお待ちしています。

日時:2022年12月24日(土曜日)13時30分開場、14時開演
場所:旭区民文化センター「サンハート音楽ホール」(相鉄線二俣川駅ビルライフ5階)
料金:前売り2500円、当日3000円
チケットのご予約は、info@duo-obbligato.comまで。

カテゴリー
コンサート

オータムコンサートのお知らせ

オータムコンサートは毎年恒例の吉田真梨さんのピアノが加わった「デュオ・オブリガート・プラス」コンサートです。そして今回のテーマは「バッハ」。バッハはデュオ・オブリガートが最重要作曲家として取り組み続けている作曲家で、いよいよ今回初めてのオールバッハプログラムです。
しかしバッハの作品にはヴィオラとコントラバスのために書かれた曲はないので、メインはバイオリン協奏曲第3番の「2台のヴァイオリンのための協奏曲」をヴィオラとコントラバスで演奏します。おそらく本邦初演だと思います。それだけではなく、バイオリン協奏曲の第1番をコントラバスで、第2番をヴィオラで演奏します。ヴィオラでも大変なヴァイオリン協奏曲をコントラバスが一回のコンサートで2曲演奏するというのは本邦初演と言うより前代未聞。コントラバスでは演奏が不可能な部分もあったのですが、今回からコントラバスの調弦をバイオリンと同じ五度にしたことで、コントラバスでもアルペジオや二重音を演奏することが可能になりました。バッハの音楽は普遍的であればこそ、ヴィオラやコントラバスでヴァイオリンの曲を演奏することも意味があることだと思います。また吉田真梨さんのピアノソロは、六つの舞曲からなる「フランス組曲第2番」で、こちらは鍵盤楽器のために書かれた曲なので安心して聴くことが出来る作品です。

秋のコンサートとは言ってもまだ暑い時期ですが、どうかお時間を作って頂いて、会場に足をお運び下るよう御願い申し上げます。

日時:9月4日(日曜日)13時30分開場、14時開演
場所:旭区民文化センター「サンハート音楽ホール」(相鉄線二俣川駅ビルライフ5階)
料金:前売り3000円、当日3500円
チケットのご予約は、info@duo-obbligato.comまで。

カテゴリー
コンサート

スプリングコンサートのお知らせ

デュオ・オブリガートのスプリングコンサートのお知らせです。

昨年、ベートーヴェン第五交響曲全楽章をたった二人で演奏して
新たな境地に踏み出したデュオ・オブリガートが今回挑戦するのは
天才モーツアルトの残した最高傑作オペラ「魔笛」です。
歌手のいない「オペラ」、それは時折はさむ語りと、モーツアルトの紡いだ音楽だけで 「魔笛」の壮大なストーリーの世界にみなさんを誘います。
世界初のヴィオラとコントラバスによるオペラ「魔笛」をメインとした
オール・モーツァルト・プログラムは、渇いた心を優しく満たしてくれるでしょう。
長い冬が過ぎ希望に満ちた春のひと時を、デュオ・オブリガートの音楽で過ごしませんか。
みなさんのご来場を心よりお待ちしています。

4月16日(土)14時開演
横浜市旭区民文化センター「サンハート」音楽ホール
チケット:前売り2500円


前売り券の予約はこちらで承ります。

カテゴリー
コンサート

クリスマスコンサートがライブ配信されます

2021年12月23日に旭区民文化センター「サンハート」で行われるクリスマスコンサートがライブ配信されます。
詳しくはこちら

カテゴリー
アルバム

ハイレゾ配信始めました

ハイレゾ配信始めました。
まだ一曲ですが、これから順次増やしていく予定です。
https://duo-obbligato.com/hireso/

※ハイレゾとは?
ハイレゾとは、ハイレゾリューションオーディオ (High-Resolution Audio) のことで、CDの規格44.1kHz / 16bitを超えた 192Hz/24bit の高解像度音源を使用しています。

カテゴリー
メディア

Audio Accessory に掲載されました

Audio Accessory 12月号にDuo-obbligatoのインタビュー記事が掲載されました。